業務用エプロンでお店の雰囲気統一│効率もUP

店舗

業種に合わせて使う

女の人

エプロンを使う場所というと、多くの人が飲食店など料理をする現場や、料理を運ぶ人を想像します。しかし、エプロンを使う場所はそれだけではありません。まず、介護の現場でもエプロンを利用していきます。入居者の食事の介護や、入浴の介護を行なうにあたり、エプロンは必須のものです。水などに触れることも多いため、通常のエプロンよりも防水性が高く、しっかりとした生地で作られていることが多いです。普段の制服からエプロンを着用となっている所も多くなってきました。また、保育士もエプロンを着用しています。保育士のエプロンは、子どもが喜んでもらえるようにキャラクターをプリントしたものも多く、色もカラフルです。肌触りも良く、軽いものが多いものが特徴です。業種によって、エプロンの選び方や、種類などは異なってくるので、業種に適したものを選んでいくようにしましょう。

飲食店の場合、同じ飲食店でも料理を調理する人と、料理を運ぶ人とではエプロンの種類も異なってきます。料理を調理する人の場合、より衛生に気を配った作りになっているものが多く、防水性や汚れをすぐに落とすことができるような作りになっているものも多いです。また、火を使うことも多いので防火性に優れているものもあります。料理を運ぶ人のエプロンは、動きやすいことを重視して作られているものが多く、しっかりとした生地で防水性に優れているものが多いです。見た目にも可愛らしいものも多く、ナチュラルな雰囲気のものから、高級感に溢れたものまで様々なデザインがあります。

Copyright© 2016 業務用エプロンでお店の雰囲気統一│効率もUPAll Rights Reserved.